2019年8月25日日曜日

細かいパーツの日々

考え方も手先の感じも鞄をつくっている時とは全く違うモードで進める小物づくり。
鞄とは別の面白さがあり大好きですが、そろそろ鞄づくりが恋しくなり始める頃となりました。
実は小物も作るときは鞄と同じで、出来上がった時の質感をどんな感じに持っていくか
を考えるところから始まります。
表の革と裏の革をどのくらいの厚さにして組み合わせるかを決定するのにかなりの時間をかけます。
写真のように部品になった革の種類はバラバラです。
それは同じ革の組み合わせで同じ品物を作ることがほとんどないからで、たいていの場合その革で作る品物はひとつしかありません。
やっぱり、まったく同じものを慣れで作りたくないと言うのが理由です。
さて、もうひとふんばり。








2019年8月11日日曜日

紺色の象革PM40型(2)

実物はそれほどでもないのに写真だと少し派手な鞄に見えます。
でもこの鞄のキリッとしたたたずまいは素敵です。
一つ前の展示販売用のMP40型は茶色のスエードでした。
同じ鞄でも革やその色で随分と雰囲気が変わります。




2019年8月2日金曜日

紺色の象革PM40型

展示販売用の鞄を年に何回か作っております。
今回は紺色の象とバーガンディーのブライドルレザーの組み合わせのPM40型です。
結構悩みどころもあったはずなのに制作途中の写真がほとんどないといういつもの
夢中になると忘れてしまう困ったパターンです。
ハッと気がついて最後のまとめの縫いの途中をかろうじて撮りました。


2019年7月25日木曜日

小物制作の夏

今年も小物の仕込みがはじまっております。
定番小物のご注文分とショウルームの在庫補充分を毎年夏に制作しています。
お客様のご注文分以外にどのくらいつくれるかまだわかりませんが秋口には
並べられると思うのでどうぞおたのしみに!





2019年7月12日金曜日

現在の展示鞄

半年ほど展示販売用がなかった KM39型ですが、やっとショウルームに並びました。
今回は、焦げ茶色のシュリンクカーフに黄色いステッチが映えるスポーティーな印象の鞄となっております。金具はFugeeオリジナル真鍮の角型錠前です。
ご興味をお持ちの方はぜひご覧になってください。
お待ち申し上げております。





2019年7月7日日曜日

雨の季節

「じめじめしたお天気が続いておりますが 7月に入ってはや一週間。」
とか、「今作業しているこの同じ革で以前あれを作ったな」とか、
目の前のことは色々感じ考えることはできるのですが、、。
「今年の初め、どう寒かったのか、、。何を作っていたのか。」
もう何かのきっかけがなくては悲しいかなスッとは思い出すなんてできません。
色々なものが欠落していく自分をつくづく感じるこのごろです。
でも紫陽花を見て綺麗だなと感じ、少し優しい気持ちになれる自分に
ちょっとだけホッとします。



2019年6月23日日曜日

ボックスカーフ のKM39

こちらも最近納品させていただいたKM39型。
ボックスカーフ にFugeeオリジナル真鍮丸錠前です。
そもそもKM39型は「柔らかいシュリンクカーフでハード過ぎないブリーフケースをつくりたい」というコンセプトではじまった形です。
もちろんたびたびボックスカーフ でも作らせていただいております。
革というものはありがたいものできちっとそれに合う仕立てが出来るとその革ごとに独特の表情、質感を見せてくれます。
シボのあるカーフでつくるカジュアルな雰囲気の KM39とはひと味違う
スッキリ、キリッとした仕立ての上品な鞄です。