2020年5月26日火曜日

自粛でも嬉しいことも、、

まだまだ続きそうとはいえ自粛解除になりました。
物を作る仕事の私どものこの間の日々の生活にはそれ程大きな変化は
ないと思っていたのですが、やはりたまには友人に会いたい、話したいものです。
そんな我慢の生活が続いております。
そんな中で嬉しかったこと三つ。
一つは
鞄の生徒さんにご自分の刃物の砥ぎを再チェックしてゆっくりと振り返って頂く
提案をしたところ皆さん刃物との向き合い方が素晴らしくて嬉しくなりました。
ありがとうございます。

二つ目は
某有名なコーヒー店のご主人から教えを受けているという方から豆を頂きました。
Fugeeでは国立時代から30年以上お客様にコーヒーをお出ししています。
うちで飲まれた皆様にはすみませんが正直にいうと未だによくわからないのですが。
でもコーヒーを入れるのも飲むのも大好きです。
一応気合を入れてドリップ中です。
ありがとうございます。

三つ目に
庭に梅の老木があります。
7年前にたくさんなって収穫して以来全くできなかった実が
たくさんというほどではない様ですが今年収穫できました。
梅干しにします。
ありがとうございます。




2020年5月17日日曜日

六芒星の口枠鞄(7)

鞄がアタッチメントを取り付けたトロリーケースに置かれたました。
移動中の鞄の振れや脱落防止のためのものですが、
取り付け取り外しが簡単な事も大切です。
それとアタッチメントはなるべく目立たなく風体がコンパクトであること。
工房の周りの歩道、砂利、段差いろいろ押したり引いたり試して
全く大丈夫であることを確認して完了です。
鞄もアタッチメントも、アナログにひとつずつ可能性を探るという
Fugeeにふさわしい仕事でした。









2020年5月10日日曜日

六芒星の口枠鞄(6)

この鞄の製作過程の紹介も終わりに近づきました。
その前にトロリーケースにワンタッチで取り付けるアタッチメント
をご覧いただけたらと思い載せてみました。
楽しい試行錯誤でした。
作らせて頂いたK様に感謝いたします。


















2020年5月2日土曜日

六芒星の口枠鞄(5)

なかなかキレイな六角形になったと思います。
今回の鞄はどの部品もコバ磨きではなくヘリ返しという革の先端を
折り返す方法で仕立てました。
この革で作った磨きとヘリ返しのテストピースをお客様と検討の結果
今回は部品ごとのメリハリをなくしてあまり境目を感じない全体の一体感を
出した仕立てにしました。





2020年4月25日土曜日

六芒星の口枠鞄(4)

見慣れない形の2つの物体。
実はこれらは、トローリーバッグに鞄を装着するための部品です。
鞄本体が出来上がった状況ではまだ折り返し地点に立ったに過ぎなかったのが
このオーダーでした。
部品点数は最小に、部品自体の重量も軽く、装着もなるべく簡単に、そして鞄本体にはショルダー紐以外のものは何もつけない、これらの条件を満たすものを探りました。
鞄以外のものですし、私どもも全く初めての挑戦でしたので、アイディア出しから何度かの試作を経て最終的な着地点が決まるまではかなりの時間がかかりましたが、シンプルでおもしろいものができました。
興味に溢れた楽しい、そして自由な発想による過程こそがものつくりの本質ではないだろうかと感じております。
2枚目以降の写真は制作過程の紆余曲折です。







2020年4月16日木曜日

六芒星の口枠鞄(3)

鞄を作る時に考えることはたくさんあります。
革、仕立ての方向性、その二つの相性、更に鞄のサイズ等によって
全く異なる鞄になります。
耐久性も担保しながら広い面積で革の美しさを見せるのが鞄と言えます。
その観点から言うと手に持って美しい鞄をつくるとき、
普通は肩掛けの紐はないほうが良いと思います。
今回の鞄はお客様のご希望の肩紐に面白い役目を考えることにしました。
鞄の雰囲気に合わせたシンプルに見える今回の肩紐は手の込んだものです。




2020年4月7日火曜日

Fugee近況

パソコンの不具合が続き、ブログ更新がなかなかできませんでした。
というのもありますが、コロナウイルスの世界感染拡大のことでどうもふわふわと気持ちが落ち着かない日々が続いており、ハッと気がつけば仕事の手がとまっていたりします。
仲間の話を聞くと多かれ少なかれ似たような思いをしているようです。
それでも、海外の友人たちとお互いに心配の連絡を取り合ったり、庭の梅の木が7年ぶりにたくさん実をつけてくれたことに心が踊ったり、ちょっと開き直って読みたかった本を読む時間を取ろうとしたり、スーパームーンを見て喜んだりしながらうまくバランスを取ろうとしています。
4月6日発売の雑誌、メンズプレシャス春号「世界のクラフツマンシップと心優しき名品たち」という特集の中に掲載していただきました。
良い季節なのに家にいなくてはいけない日々が続きそうです。
ご興味のある方はぜひお手にとってみてください。