2020年11月23日月曜日

30年ぶりの再会

 はるか昔、三十数年前にご注文いただいてお作りしたフライフィッシングのパックロッドケースです。2つお作りしてこちらは当時やっと手に入れたレギュラーで生産されている国産のタンニン鞣しの革で作成したものです。
蓋を開けた筒の内側はスエードです。
蓋の上とケースの下は入れ駒で縫い、表の革は上から下までスクイ縫いの合わせです。
今思い出してもドキドキするようなトライでした。
メンテナンスのために送っていただき30年ぶりの再会です。







2020年11月11日水曜日

新しい試み少しだけ

風変わりな形ですが、オーダーでおつくりしたキーケースです。
大きなものから小さいものまで結構な数の鍵を収納しなくてはいけない条件だけをいただき、その他はお任せいただいたので、自由につくらせていただきました。強度を要する紐はアウトドア用の堅牢なものを使用し、ストッパーの役割をする金具は2本分の紐の太さに合うように真鍮線を巻いて自作しました。そして地味ですが、口元の縫いに新しい試みを取り入れました。閑清縫いという江戸末期から明治期の煙草入れに見られた技法です。写真を見るだけでは謎の多い技法でしたが数年前に骨董品をお借りできる機会が何回かあり、どういう構造になっているのか、どんな理由や意図がありそんな技法が生まれたのか少しづつわかってきたところだったので、何かに取り入れたいと密かに思っていました。まだまだ研究の余地しかありませんが、そんなつくりてのワガママを聞いていただけるお客様に感謝しております。




 

2020年11月1日日曜日

コードバンの名刺入れ

 コードバンの黒、紺、バーガンディで名刺入れを作ってみました。
写真ではわからないかも知れませんが、この美しさはこの革が持っている独特のものです。
作り手から言うと、緻密でしっかりした組織をもつタンニン鞣し革を仕立てる面白さ
を味あわせてくれる楽しい革でした。







2020年10月27日火曜日

コードバンの万年筆ケース

 ブライドルレザーやボックスカーフで仕立てることの多いこの万年筆ケースですが、今回はコードバンでというご注文でした。手染めのコードバンの艶はもちろん美しく独特ですが、この革ならではの難しい特徴をどうこなすかに神経をつかいました。そして、出来上がりの見た目からは何もわからないのですが、実は「モンブランの149を入れてもガタつかないように」というご要望に沿った仕掛けを仕込んであります。149を滑り込ませるとひゅるんときもちよく吸い込まれ、ピタッとフィットするようになっています。













2020年10月17日土曜日

ボックスカーフのクラッチバッグ

 O様ご注文のボックスカーフのクラッチバッグ。
金具はオリジナルスターリングシルバーです、革は外、内ともお好みのこだわりの革でご注文をいただきました。数年前からFugeeのスタンダード鞄として主にボックスカーフで作らせていただいております。A4サイズの書類入れです。
金具、プロポーション、革との兼ね合いが気に入っております。




2020年10月11日日曜日

小さな鞄

Fugeeでは鞄を作る時と小物を作る時とで革や作業全体の見方を全く変えます。
小物は使われる方の手の中に収まるもので、全てを同じ基準で眺められる品物です。
又、ポケット等の狭いスペースに入れられることも多いのも現実です。
そして使用する革も鞄と比べると薄くその膨らみ感は微妙な物になります。
でもこの少し大きめの財布はカバンを作るような革の使い方、仕立ての仕方をしました。
ふっくらしっとりした革の質感がよく出た小さな鞄のようになりました。





 

2020年10月6日火曜日

Fugee の小物

 毎年恒例、夏の小物制作期間も終わり、オーダーいただいたお客様の元に少しずつ納品が進んでいます。旅立つ前に夏の成果を写真に収めるのは楽しみでもあります。