2017年12月10日日曜日

お休みのおしらせ

12月10日(日曜日)、都合によりお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


2017年12月9日土曜日

ながーい道のり2

かなりの長い日々、金属の加工をしておりました。
部品の図面を描き、真鍮を切り出し削り、研磨します。
動きのつかめないものは試作をしたり、と言ってもほとんど手作業。
Fugeeでできる事は設計をする事と手加工。
ノコギリでカット、やすり掛けに研磨それと簡単なロー付け、
工房にある機械としては穴あけのためのボール盤とグラインダー、リューターです。
キャストに出したり、機械加工に出したり、それらを手作業のものと組み合わせたりしながらゆっくり、ゆっくり作っていきます。
機械的な動きをする部品ですから、ある正確さは必要です。
でも、その部品を微妙に削る時などにより美しいものにしたいと思いながら行う作業は
金属加工の機械にはできないことです。
あらゆる調整が可能なのは手です。(失敗をするのも手ですが。)
この人間の手の揺らぎほど大切なものはないと思っております。
もちろん、革をいじる時も同じで、どの部分をとっても不均一な個性を持っている動物の革こそ、素材の微妙さを感じながらできる手作業でなければその革の良さを表すことは難しいでしょう。




2017年12月2日土曜日

ながーい道のり

この図面は真鍮のフレームを使った鞄を作りたくて15年以上前に
描いてあったもので、当時何軒か製作所を当たって、
結果作って頂けるところがなくてあきらめていたものです。
ところが昨年お知り合いになった方の紹介の製作所で作って頂ける事になり、
私たちのふつふつとした想いは現実のものとなる気配を見せてきました。
しばらくして送られてきた部分試作が写真のものです。

今回の投稿を初めとしてこの枠を使った鞄が出来上がるまでを順次ご紹介しようと
思っております。
興味をお持ちの方は是非ご覧ください。



2017年11月25日土曜日

魅惑の口枠鞄

昔はよかったなぞと言うつもりはありませんが、
一部のアンティークの鞄には作り手の強い意志とあつい想いを
感じるものがあるのは確かです。
革の扱い方、錠前、フレーム等を含めた金具のバランス、
さらに道具である鞄としての全体の調和。
それらはデザイナーによってではなく美意識と技術を持った職人によって
できているのは鞄のあり方を見ればわかります。
写真はFugeeを魅了してやまないアンティークの口枠の鞄達です。
ユニークで個性的なものをつくろうとする昔の職人の息使いが聞こえてきそうです。


2017年11月18日土曜日

黒いコードバンの鞄

コードバンのセカンドバッグ、黒です。
もちろん作るものにもよりますがコードバンこそしっかりと革のふくらみを表現した仕立てが映える気がします。
透明感のあるこの革はある種のすごみさえ感じられます。
この質感がどう変化していくかたのしみな鞄です。



2017年11月16日木曜日

お休みのお知らせ

都合により、11月17日(金曜日)はお休みいたします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


2017年11月11日土曜日

コードバンの革

仕立てる職人側からコードバンを見ると非常に癖の強い、つくりの方向性をかなり
規制される革です。
折り曲げに向く方向向かない方向、場所によるコードバン層の厚みの違いと
革そのものの厚みの違い。
しかし、裁断そして漉きのために革包丁を入れた時の感覚は特別なものがあります。
上質なタンニン鞣しならではの、刃先が革に吸い込まれる様な手応えです。
腰の強い美しいこの革で、クラッチバッグをつくりました。