2016年9月28日水曜日

Fugee がスタジオに!?

おびただしい数の機材が運び込まれ、まるで「スタジオ」のように変身した
Fugee のアトリエ。テレビの取材は過去にも何度かありますが、こんな大掛かりなチームははじめてではないでしょうか。
それにしてもほんとうにびっくりしたのがこの撮影クルーの仕事っぷり。シナリオを読みどういうものを撮りたいかディレクターから簡単な説明を受けたとたん、なんの口合わせもなくそれぞれもくもくと動き出します。何をどう撮る為にどんなふうにカメラを向け、どんな照明をどういうふうに当てるのか。口数も少なく、いろんな道具や機材を出したり入れたりしながらあっという間に場がつくられ、モニターに美しい画面が浮かび上がります。明確にしたヴィジョンに向かっての鮮やかで的確な動きには無駄がなく、そして美しい。プロフェッショナルでした。
大きな口枠の鞄が出来上がるまでの様子を日を開けて、三日間の撮影でした。
番組は NHK の「美の壷」、10月21日の放送予定で、テーマは「旅行鞄」とのことです。





2016年9月23日金曜日

ボックスカーフの KM39

地域にもよるのでしょうがパリでエルメスの鞄を見つけるのはなかなか難しいものです。
たぶん東京都心の方が簡単に見つかるでしょう。
それだけたくさんの日本人に愛されているということでしょうか。
ところでFugeeの鞄ですが、私は今まで都内に出かけて行って自分が作った鞄を見たのは
数度しかありません。一度は新宿駅のホームで、向いのホームかなり遠くでしたが手染めのゴートのダレスバッグでした。
ウワッという衝撃が走るほんの一瞬でしたが当然一目でそれとわかりました、
お客様のことも。
この鞄もボックスカーフの黒にスターリングシルバーという
美しい組み合わせのものです。
何年も月日がたって町のどこかでハッとする出会いをしたいものです。



2016年9月18日日曜日

お休みのお知らせ

都合により、9月19日(月曜日)はお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


鉢植えに遊びに来ていたカマキリを発見。なんとカメラ目線を!!

2016年9月12日月曜日

E様のスリムなダレス

6年使用されたダレスバッグが里帰りしました。
作り手にとって、何かあたらしい事がわかるかもしれない嬉しい瞬間です。
マチのあり方、錠前のベロの厚み、錠前の位置、持ち手のプロポーション、革の種類によっての表現の違い等々。
Fugeeの鞄はどれも毎回初めて作る鞄として制作します。
定番の鞄も例外ではありません、毎回微妙に違います。
クオリティーの為の実験をしている、と言うより
単純にもっと良いもの、美しいものを作りたいというおもいでの試しをする為です。
ブライドルレザーを使用したこの鞄は大変丁寧にお使い頂いているようすでした。
特別な問題のない状態でしたが部分的なコバの磨き直しをして、
小さなキズをなだめながら全体にクリームを丁寧に加えました。
お客様による日頃のお手入れはとてもありがたいことです。
時々、作り手目線でのメンテナンスもさせて頂ければ
気持ちよくお使い頂ける時間はより長くなると思います。





2016年9月3日土曜日

ブルーグレイのPM40

革の鞄のクオリティー、美しさはやっぱり素材の力だとつくづく感じさせる鞄です。
日本の色で言うと紺鼠というんでしょうか。
少し厚手でシボの美しく出たゴートとブライドルのコゲ茶の組み合わせです。
これはお客様のご注文で作らせて頂いたPM40ですが、上品な安定感を感じます。
シャープな美しさを感じられるスエードの同型鞄とは全く違う顔のものになりました。
革の可能性をしっかり認識しなくてはもったいないとあらためて思います。







2016年8月28日日曜日

赤トンボとホッキョーさん

春が進んでもなかなか目を覚まさず、ああもう死んでしまうのだろうかと毎年おもう。
でも汗だくの季節になると急にものすごい生命力をみせる、
うちではホッキョウさんと呼ばれているマダガスカルジャスミン。
故郷のマダガスカルはどんなところなんでしょうか。
Fugeeが渋谷から要町に引っ越した時にお祝いでいただいたので、
今年の夏で5年目をむかえます。(もうそんなに経ったのか!)
それから、ちょっと判りづらい写真ですが葉っぱの上の方、赤トンボが見えませんか。
友人の「人形の個展」で人形の周りを素敵に飛んでいたやつを頂きました。
真夏の仕事に安らぎを与えてくれていました。
不死身の植物と素敵な赤トンボと頭から湯気が出るほど忙しかった8月のカレンダー。
でも、そろそろもう秋の気配。


2016年8月22日月曜日

オーソドックスなダレス(2)

長らく欠品していたピッグスキンのDB43型ダレスバッグ(定番型)ができ上がりました。
イレギュラーですが持ち手の形状を変え、錠前をスターリングシルバーの新作に変えて
制作してみました。美しい鞄になりました。
オブジェでしたら作った時のままですが、、モノを入れて運ぶ為の実用品である鞄は
ご主人が決まればその方との長いお付き合いがそこから始まります。
そして、曲げ伸ばしの繰り返しや引っぱり、圧縮等の外的な力によって
革の繊維がほぐれ、新しい時には無かった曲線が現れてきます。
表面にキズもつきます。
しかし、多くの場合それらをなだめるように汚れを拭きはらいクリームを塗る、
いわゆるメンテナンスをすることで、使用している方ならではの、
新しいときにはなかった風合いが出てくる、革はそういう素材なのです。
その種類、それを扱う職人の考え方による仕立ての方向によって、
経年変化の様子が全く違って来るのも又、革なのです。
それはそれは、面白い革の鞄の世界です。