2018年7月14日土曜日

あたらしい錠前

新しい錠前を企画しています。
現在オリジナルの厚みのある角錠前と丸錠前とは少し質感を変えた、
繊細な雰囲気のものを考えました。
錠前を留めるためのピンも今までより細いものを使います。
見えている釘の頭が小さいだけで鞄の面もちも変わります。
第一号は新しい定番の口枠鞄に取り付けましたが、KM39型のカカエ鞄のような、
少し柔らかみのある鞄とも相性はいいはずです。
錠前は鞄の顔を決める大きな要素のひとつなので、新しいカタチが加わるのは
表現の幅も広がるということ。楽しみです。


2018年7月7日土曜日

Fugeeの柔らかモノ(2)

あらゆる作業、あらゆる部品一つずつに、自分の理想の鞄に近ずけるための
想い、努力をつぎ込んで作っていこうと思っています。
でも大事なのはディテールに凝ることではありません。
全体をしっかり見なくてはいけません。
ウットリするほど美しい鞄になる事があります。
革はすごいです。
何度か書いていますが、作り手は革の美しさを少しでもあるままに見えるよう
鞄にしなくてはと思います。
MK44型、 MK42型できました。

オーダー以外の、お買い求めいただける鞄を少しずつですが制作、
ショウルームに置くようにつとめております。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。





2018年6月27日水曜日

Fugeeの柔らかモノ

定番のボストンバッグMK44型とMK42型の製作です。
この鞄は裏返しで縫ってからそっくりひっくり返すので
縫い目が表には見えない仕立てです。
柔らかい革を使うと仕立て自体はそれほど難しいものではありません。
でも、重いものをたくさん入れて長い期間型崩れを少なくするということを
考えるととても難しい鞄です。
サイズと形状、革の強さ、張り、そして力の伝わり方をしっかり考えないと締まりのない鞄になってしまします。



2018年6月15日金曜日

新作の定番を開発中

ただ今、口枠カバンの折り込み部を削っています。
より良い質感をさぐって削るパターンと方法を変えてみました。
彫刻刀、カンナ、革包丁、色々使います。
このタイプの鞄は平らな革を寸法的には矛盾を含んだ立体に折り曲げて作ります。
そこが面白いところで全く伸び縮みをしない紙のような素材で作ると
折り曲げの力に耐えられず、切れるか裂けるか変なところが折れるかします。
でも革のようなしなやかさのあるものではキレイに湾曲します。
特に厚みのある硬い革で作った時は各部分の緊張感はかなりのものです。
何と言っても図形的には矛盾しているのですから。
そしてその緊張感自体が美しいのです。
これは革が持っている色々な美しさの中の一つの大きな要素でしょう。

今回は全体の寸法以外でも使い勝手がいいかもしれない変化形を考えていて
楽しいトライをさせていただいております。




2018年6月6日水曜日

チャリ革のダレスバッグ

チャリ革、スターリングシルバーの金具、磨き仕上げの持ち手の
ダレスバッグのできあがりです。

ショウルームに展示してあったベージュのピッグスキンのダレスバッグがお嫁に行ったので、それに負けないダレスを、ということでつくりました。

制作中は、凄みのある革が生きる緻密な仕立てをせねばと肩に力が入りますが、
できあがってみると、革の持つパワーに助けられてることを実感します。

というわけで定番ダレスDA43型のショウルーム展示は現在この鞄となっております。
興味をお持ちいただけましたらどうぞお気軽に見にいらして下さい。






2018年6月2日土曜日

お休みのお知らせ

都合により6月2日(土)、 3日(日)はお休みさせて頂きます。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。



2018年5月28日月曜日

美しいデッドストック

革はチャリ八方、錠前は材料から工房で製作した
スターリングシルバーのダレスバッグです。
凄みのあるシボが特徴の山羊革ですが丁寧に仕立てると非常に上品なカバンになります。
鞄を始めた40年前には高嶺の花の革でボックスカーフと同様に、
こんな革を使える日が来るだろうかと思っていたくらいの憧れのものでした。
デッドストックの古い革なので少し脂が抜けた感じがありますが
まだまだ存在感のある美しい革です。
最後の仕上げの口元を一周縫う作業です。