2017年8月15日火曜日

万年筆ケースを作る 2

万年筆ケース2本用と3本用です。
緻密に作る、もちろんそれは大切なことなのですが、もう一つだいじな事、
それは色っぽく作るということです。
どうすればそれが出てくるか。
緻密な作業とつながりますが、こうしようという意志を微妙に入れ込むことによって
<見た目は普通だがなんか違う物>になります。
この万年筆ケースでひとつ例を出しますと、蓋の差し込みを受ける横の帯、
なんとなくふくらみを感じられると思います。
ただし、これは場合にもよりますがあまりやりすぎるのはあざといものです。




2017年8月14日月曜日

お休みのお知らせ

庭のサルスベリ、今年はなかなか咲く様子を見せてくれないので
心配していましたが、やっとこさ咲き出しました。
こんなにきれいに。
お休みいたします。
8月14日(月)、16日(水)、18日(金)
ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願い申し上げます。



2017年8月12日土曜日

万年筆ケースを作る

ブライドルレザーを使っての定番の万年筆ケースです。
入れ駒という手縫い独特の縫い方でまとめたものです。
手の中におさまることの多い小物は厚みの調整、裁断、磨き、まとめ、
それぞれ鞄とは違った意味の繊細さが要求されます。
形は大胆でも作業は緻密に、、。
美しい、自慢の万年筆ケースです。





2017年8月6日日曜日

単純で大切な作業

Fugeeの定番の鞄KM39の持ち手です。
上はコバ(切り口)を磨いたもの、下はこれから磨くところです。
革の端であるコバはダメージを受けやすいところ。
昔からこの部分をどう堅牢に美しくするかを職人は工夫してきました。
しかし時間をかけた丁寧な作業の繰り返しが美しいコバを得る
一番の方法であることは変わらないようです。
単純ですが丁寧でなければいけない作業の積み重ねののちに、
革が答えるように美しく変化してくれる瞬間が出てきます。
そして柔らかだったコバは色々な外力にも耐える堅牢なものになります。
私たちにとってはその革の持つ色々な性格を感じることもできる大事な時間です。

お客様の手の中でこの持ち手はどう経年変化していくのか、、楽しみです。





2017年7月29日土曜日

山羊革のKM39型

前回のブログの「試作」を経てできた鞄です。定番のかたちではありますが、素材が変わるとまたぜんぜん違った雰囲気のものとなります。
山羊革はそう大きくないものが一般的なので、胴体からカブセまでぐるっと一枚のパーツで仕立てるこの鞄がとれるほどのサイズの、しかもシボの雰囲気もいい革にはなかなか出会えません。
青みがかった茶系の灰色のシボ革に、えんじ色のステッチがさりげなく映える、
重厚な面持ちの鞄となりました。


2017年7月22日土曜日

お休みのお知らせ

都合により7月23日(日曜日)、24日(月曜日)お休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。





2017年7月16日日曜日

「?」を消すための作業

Fugeeの鞄づくりではあらゆる場面で「試作」をします。
それは、本作に入るためのテストで、こういう鞄をつくろうという指針を
いろんな角度からチェックし、はっきりさせていくためのものです
本番の革を使うことはできませんが、目的の鞄を作りあげてみるのは、
あらゆる面からその鞄を検討出来る「試作」の例です。
でもその他にも多くの試作をしてみます。
写真のようなパーツの制作もその大切なひとつです。
KM39型のブリーフケースをタンニン鞣しの山羊革でというご注文。
つくり慣れたかたちではありますが、この鞣しのこの革での制作ははじめてのこと。
厚手でシボの美しいこの革をどの厚みでどんな張りで仕立てるのが
ベストなのかを探ります。
鞄になったときのコバの厚みと強度は?
コバからどのくらいのところをどのピッチで縫い絞ると美しいか?
・・・・などなど
私たちが思う素敵な鞄をつくるためには、これらの「?」を消すための、
地味な作業がとてもたいせつなのです。







2017年7月8日土曜日

アンティークの金具

そういう先入観で見ているからでしょうか、アンティークの
金具をバラしてサンドペーパーで磨いただけなのですが「美しい」のです。
もう少し研磨して新しい鞄に取り付けます。
キャストあり、プレスあり、ロウ付けあり。
ある状況を表現しようと工夫を凝らした名も無い職人達が作った形です。
現在だったら「少し形を変えてロウ付けを減らしてプレスで効率よく、、」
なぞと考えるのかも知れません。
昔はそれ以外やりようが無かったのかもしれませんが、
手間を惜しまず作り表現したものは愛おしく美しいのです。



2017年7月1日土曜日

革の魅力

鞄の角は、ぶつけたり、擦れたりしやすい個所です。
上の写真はメンテナンスの後、真ん中はメンテナンス前の鞄の角です。
使われた鞄に新しい時にはなかった表情と質感がでてくるのが
革のいいところだと考えています。
日々の生活でお使いいただいているあいだには、
鞄の角以外の部分もいろんな状況に出くわすはずです。
思いがけず出来てしまった深い傷やこすり傷にびっくりして
落ち込まれるかたも多いとおもいます。
でも長い目で見ると、革にはそういったマイナスの要因さえも許容してしまう
懐の深さがあります。
いちばん下の写真はメンテナンスがおわったあとの鞄の顔です。






2017年6月25日日曜日

琥珀色のDB43型

形としてはかなりフォーマルなビジネスバッグの分類に入るダレスバッグです。
ボックスカーフの様な繊細な表情の革で作ればズバリ、ファッション誌から出てきた風合いのかなり美しい鞄になるところですがブライドルレザーで作ったこの鞄はどちらかというと、きりっとしたラグビー選手のような、内にパワーを秘めたものを感じます。
革の力はすごいです。10年後、更にその後この鞄がどう変化するかが楽しみです。






2017年6月17日土曜日

ダレスのコバ

ブライドルレザーのダレスバッグのコバ(切り口)を磨き締めている途中です。
胴の周りがステッチで一周囲まれた非常にフォーマルな鞄です。
この種の仕立ての鞄は、前と後ろの胴のいちばん下のコバだけが地面と接しています。
言い換えると二枚の革の板で全重量を支えています。
それだけに胴の強さ、コバの強さには気を使います。
Fugeeが染料とフノリを使った昔ながらのコバ磨きをしているのも堅牢なコバを求める
からであり、ダメージをうけたコバの締めなおしが効くからです。
単純に強度だけで比較すれば不利な所がある構造ではありますが、
その出来上がりのキリリとした美しさはこの鞄の大きな特徴と言えます。



2017年6月10日土曜日

お休みのお知らせ

都合により6月10日(土)、11日(日)、12日(月)はお休みいたします。
大変ご迷惑をお掛けいたしますがよろしくお願いいたします。


PM41型 第1号

すっかりFugeeの定番となったこのPM41型は、思い返せば 2008年に S 様の為につくらせていただいたこの写真の鞄が第1号でした。
ちょっと自慢すると写真ではなかなか見えないのですが全体のドレープが
なにごとも無かった様な、革のもともとのものだろうという質感で出てきています。
力が掛かる所、掛からない所、絶対に守らなければならない所、
比較的弱くしなければいけない所、その他それぞれの個所にそれぞれの想いをのせて、
でもバランスが取れたらいいなと思いながら作業は進みます。
鞄作りは楽しい試行錯誤で、10年くらいたつとそれが良かったのか悪かったのか、
ゆるりと、しかし厳しく出てきます。







2017年6月4日日曜日

解体工場?

最近のFugeeは棒屋根鞄の解体工場のようになっています。
ストックしてあった古い棒屋根鞄を解体して金具だけの状態にし、錆をとり、丁寧に
磨きなおしていきます。
まだファスナーがつくられる前の時代の古いヨーロッパの鞄を見ていると、
鞄の口を正確に、簡便に開け閉めでき、かつ鍵がついた口枠鞄のスタイルが多く生み出されていたことが分かります。そのうちのひとつが棒屋根鞄です。
写真下は革を取り除く前のフレーム部分ですが、とても複雑で魅力的な構造で、
金属はどれも厚みがあり質感たっぷりです。
現代のひたすら軽さを追求した鞄と較べると批判する部分は
たくさんあるかも知れません。
しかしこの金具は、朽ち果てていく過程さえ美しいという革の存在を
明確に表現できる部品の一つだと考えます。
私も含めて、この質感と雰囲気にぞっこんの人は多いはずです。




2017年5月29日月曜日

山羊革のショルダーバッグ

「厚い山羊革をひっくりかえす」(5月12日のブログ)のその後です。
できあがりはこんなかんじです。
中間色のブルーグレー(胴の山羊革)に紺色(ベルトやパッチなどの部品)を合わせると、より全体が「青」に近づいてシャープな印象の鞄になります。
水染めのタンニン鞣しのこの山羊革は、ヌメ革のように色も質感も変化をしていていきます。どんなエイジングを見せてくれるかたのしみです。










2017年5月27日土曜日

お休みのお知らせ

5月27日(土曜日)は都合によりお休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


2017年5月20日土曜日

S様の大きな口枠鞄

この鞄の制作は2008年。
書類を山ほど入れて運ぶということで、鞄の幅もマチ厚もかなりあるものをフルオーダー
していただきました。以来10年間、仕事のときはほぼ毎日お使いいただいているということです。3年ほど前に持ち手の金具がすり減ったため、いちど交換をしています。
今回のメンテナンスでは、背中のコーナーパッチの糸がすり切れてなくなっているのが分かり、縫い直しをさせていただきました。
雨にもかなり当たっているようで、油切れによるヒビもできており、鞄としては、かなり過酷な条件ですが、若いS様の厳しいお仕事のパートナーとして時を過ごしてきた鞄の表情にはなんともいえない凄みを感じます。S様によると同業の方々は、鞄を買うと2年は持たないそうです。「だからこの鞄はすごい」と言っていただきましたが、つくり手としてはハラハラドキドキ。
どの鞄もそうですが、里帰りしてきた鞄には「よしよし、よく頑張ってきたぞ」という気もちで出来る限りのことをしてあげたいのが親心。
そして「さあ、気張っていってらっしゃい!」と再び送り出すのです。





2017年5月12日金曜日

厚い山羊革をひっくりかえす

平らだった革を裁断し、立体になることをイメージしつつ、
そうなるべくいろんな操作をあれこれ考えながら作業をすすめます。
でも、胴体どうしを中表に縫い合わせてひっくり返すまでほんとうの姿は
現れないのが、この仕立てのおもしろいところ。
上の写真はひっくり返す前の前胴、次のは背胴。
そしていちばん下の写真がひっくりかえしたあと。
鞄のほうは涼しい顔をしながら当然のようにプリッと立体になってくれていますが、
厚い革どうしを裏返しで縫い合わせた鞄の狭い口元から、
全てを引っ張りだし、ひっくり返す時のつくりてといったら、
実は汗をかきかき必死です、、。
なもので、写真は毎回撮り忘れてしまうのです。







2017年5月6日土曜日

ブルーグレーの山羊革

お気に入りの山羊革でショルダーバッグの制作です。
本体以外はブライドルレザーを組み合わせました。
写真は厚手のゴートレザー(山羊革)を軽く曲げたものです。
ポテッとしたこの張りの美しさはなかなか他の革では出ません。
この質感を殺さないようなんとか作り上げます。


2017年4月28日金曜日

GW中のお休みのお知らせ

ゴールデンウィーク中は、
4月30日(日曜日)、5月3日(水曜日)、4日(木曜日)
にお休みをさせていただきます。

その他の日はアトリエにて制作を行っておりますが、
お出での際は恐れ入りますが、お電話でのご連絡をお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。





I 様のブライドルレザー BK41型

ブライドルレザーを大胆に使った定番BK41型が里帰りしました。
フラップ部についた少し大きなキズとそのほかの小さなキズをなだめて
コバの締め直しをしました。
7年程前にお買い上げいただいたものですが革にお客様の使用感が出てきたところです。
厚い革の繊維も少しずつほぐれてきて、とろっとした、ずしっとした
美しさを感じる鞄になりました。
お客様によってまったく違う変化をみせる無垢の真鍮金具も
革の変化に呼応するように渋い色になっています。



2017年4月21日金曜日

革の町

スペインに住む友人の知り合いの知り合いが革の鞣し屋さんと聞いて訪ねた
カタルニア州の IGUARADA (イグアラーダ) という小さな町。
歩いていると、なんとそこいらじゅうに革の工場が。
そして同じ地域にはかなり大きい革の博物館が存在していたのでした。
二軒ほど鞣し屋さんを見せてもらい、博物館を堪能し、その界隈にある、
古いまちには不釣りあいにも思えるほどモダンなレストランでランチをしていたら、
ニコニコ顔のお二人に、「革をみにきたの?」(英語)と話しかけられました。
いただいた名刺には Premier Vision Paris (革を含む生地の見本市)の文字。
長年フランス語勉強が趣味のフジイが思わずフランス語で返事。
「プルミエヴィジョンからはいつもメールをもらってるよ!」
「きてくれてるの?」
まえに一度だけ」
「えー、いちどだけー?もっとこないとだめじゃなーい!!でもこんなところでフランス語をしゃべれるとはおもわなかったよー」
などという会話が交わされていました。
買ってきた博物館の資料(スペイン語でもなくてカタルニア語)を眺めていると、
イグアラーダでは18世紀の後半から革の鞣し工場ができ始めたらしく、1994年の資料にあった鞣し屋さんの数を数えたら、なんと50軒以上もありました。
知らないことってたくさんあるなと感じると同時に世界って狭いと思わされる 2017 年の旅でした。

写真(上)は革の博物館。
写真(下)は道からちらりと見えたりもしている鞣し屋さんのひとつ。








2017年4月15日土曜日

つくりてどうしの心意気

コラボレーションという言葉をよく見聞きます。
「難しいんだろうな」とか「なんで?」と思わされる事もありますが、
「ほー、なるほど」と思うこともあります。

スペイン、バルセロナのレストランでの食事に出て来た料理と器は素敵なものでした。
器を作る者は実際の出来上がった料理をまえに観察、試食しながら
料理人と話し、試作の構想をしていくそうです。
気に入った試作をつくり出してから料理人との擦り合わせ後本作だとのこと。
料理人の意志と器を作る作家の意志、その意志を深く感じ合う互いのやりとりがあり
それを咀嚼し、はっきりとした作りの方向を決めていく。

多分そんな話を聞かなかったならあまりにも料理と器の自然で必然な組み合わせに、
ただ心地よさだけを感じるのかも知れません。
優しい料理が目の前に次々と出て来ました。
ものを作ることは素敵だと思わされる瞬間です。

器はバルセロナの北、モヤという小さな村に住み、絵を描き、器をつくる芸術家
楠美克枝さんのものです。
写真は、すべての料理が楠美さんによる器で出されるレストラン ALKIMIA (アルキミア)
にて。













2017年4月10日月曜日

息抜き半分の旅 2017

長らく留守にしておりましたが、昨日よりぼちぼち仕事をはじめております。

桜の咲き始めの頃に出かけ、散りかけの雨の日に戻りました。

ヨーロッパでも桜や椿が咲いている同じ春でしたが、太陽の当たり方、花の愛で方もまったく違うところから帰って来たんだなと飛行場からの帰り道にしみじみ思いました。

石の家に住み、硬い水を呑み、肉を食べ、陸続きの他民族と牽制しあいながらたくましく生きてきた人たちの歴史を肌で感じること。その地で今、生き生きとした仕事をしている人たちから受ける、明るく情熱的なパワー。
それらは水も空気も柔らかい島国の片隅で、ものづくりをする者にとってはかけがえのない刺激なのです。

さあ、がんばるぞ!!


2017年3月27日月曜日

お休みのお知らせ

都合により、3月28日(火曜日)から4月8日(土曜日)までお休みいたします。
お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。



2017年3月25日土曜日

男の鞄

身の回りのものを収納する男性の鞄。
女性のハンドバッグにあたるものは脇に抱えるセカンドバッグか
仕事用のブリーフケースをそのまま、あるいは最近増えたトートバッグ等でしょうか。
きちっとスーツを着こなした時、ロングコートを着た時、
カジュアルに軽い服装で出かける時、それぞれのシーンに合った鞄を一つのもので、、
というのは難しいかもしれませんが、目をつぶっていても中のものを取り出せるような
慣れた使用感や、鞄によって中のものをそっくり入れ替えることを考えるとなるべく同じ物を使いたいしということもあるでしょう。
非常に悩ましい分野であるようです。
時々、「この人にこういう鞄、合うだろうな」と思う事があります。
この鞄はスーツはを着ない若いお洒落なお客様からのご注文で作らせて頂きました。
革の種類、色、鞄のサイズ、プロポーションを変化させることで、面白いそれぞれの方にぴったりのものができる新しい分野の鞄だと思います。


2017年3月18日土曜日

すくい縫いの持ち手

ダレスバッグなどによく使われるタイプの持ち手です。
ただ少し普通と違うのは持ち手の稜線に鶏冠のような出っ張りがありません。
こうすると握る人は全周丸い、どこにも引っ掛かりの無い持ち手を握る事ができます。
しかし作業の難易度は鶏冠のあるものと較べると比較にならないくらい
難しく面倒なものです。
好みもあるのでどちらがよい、わるいは言えませんが、
見た目もつるっとして美しく、可能性を感じさせる持ち手ではあります。
(一番下の持ち手は鶏冠のあるタイプです)






2017年3月12日日曜日

できたてはかなりの迫力

ぽってりとやわらかい革の質感を残しつつ、でも丈夫な鞄のあり方を
探りながらできたのがこのKM39型です。
Fugeeの定番に加わって約12年、今となっては、人気の一二を争うモデルです。
エイジングにより繊維がほぐれ、よりやわらかくなることを考えて仕立ててあり、
できたてはパンパンの大迫力。
いいかんじに歳をとっていっておくれと毎回祈りつつ、
嫁入り前のドレスアップは念入りに。


2017年3月5日日曜日

鞄づくりに思う事

ボックスカーフで作ったこの鞄の一番の特徴、表現したかったのは
両サイドのポテッとした張りのある、かなり下の方まである曲線です。
私たちにとっては難しい仕事だったのを覚えています。
一般的に、実用品であり商品でもある鞄はプロダクトとして作られます。
しかし、仕立てを追求して自分の表現の可能性を探ろうとすることもできます
それは仕立てを簡単にして見栄えをよくを考えるということとは逆の、
遠回りしても美しいと思える表現を具現化したいという考えかたです。

鞄作りに夢を見る若い方に同じ想いを持つものとして申し上げたい。
革を裁断して形にするのはそれほど難しいことではありません。
寸法のつじつまが合うものどうしを縫えば形には必ずなるものです。
それを使って何をどう表現するかが大切で、常に考えなくてはならないのは
そのことです。
いま自分ができる最高のクオリティーの可能性を追求する鞄づくりが
もっとあってもいいと思うのです。




2017年2月27日月曜日

お休みのお知らせ

都合により、2月28日(火曜日)、3月1日(水曜日) お休みいたします。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


2017年2月25日土曜日

ご興味おありでしたら是非、、

再放送のお知らせです。
昨年秋にBSで放送されました「美の壷」<人生を共にする旅行鞄>が
地上波で再放送されます。
2月26日(日)   23:00〜23:30  放送局 Eテレ
Fugeeも一部出ております。ご興味おありでしたら是非ご覧ください。



2017年2月22日水曜日

宇宙船??

私どもの仕事場、かっこよく言うとアトリエにはいろいろな方がお出でになります。
先日も知り合いのご夫婦が初めて訪ねてくださり、ただ作業テーブルが並んでいるだけの
ところですが色々とご説明させていただきました。
作業場というと機械がたくさん並んでいるイメージがありますが、
私どもの作業場には写真のこの機械(コバ漉き機)が部屋のいちばん端にこじんまりと
あるだけです。
たまに掛けるミシンは他の部屋に、これも端っこにおいてあります。
こんな部屋を奥様は「宇宙船のようですね。」と言ってくれました。
宇宙船でものを作ったらおもしろいものができるんだろうな。
宇宙船ともなると見えるところに機械的なものなぞ無いのかも知れません。
よし!宇宙船でしかできないものをつくるぞー!?


2017年2月15日水曜日

S 様の籠型鞄

2014年の Real Bespoke 展の際に制作したこの大きな籠型鞄を S 様にお買い上げいただいてから早いものでもうすぐ丸3年が経ちます。ブライドル特有のロウはすっかりなくなってツヤツヤになっています。キズがついたら同じ色のクリームを入れてこする程度で、他に特別なお手入れは特にしていらっしゃらないとのことですが、とても美しい!
使い手と鞄がぴったり寄り添うのを拝見できることほど、つくり手としてうれしいことはありません。今回お買い上げいただいた、この鞄と同色のボックスカーフのクラッチバッグもどうぞ S 様 にしっくりとなじむパートナーに育ってくれるよう願っております。