2021年6月11日金曜日

憧れのカバン(2)

鞄が開くところをお見せいたします。
どうも金具に書いてある文字からドイツのもののようです。
こういう面白いものは色々な分野で見られるものなのでしょうが
思わずニヤっとするような機構を鞄にもつくった昔の人に敬意を評したいです。







2021年6月5日土曜日

憧れのカバン(1)

40年以上鞄作りにたずさわっていると色々なことがおきるものです。
鞄を始めたころエース(大手の鞄の会社)の「鞄の博物館」に毎週のように通っていて、
持ち手もその周辺の金具も美しい鞄を見つけ、憧れるように毎回見入っておりました。
ところが先日何気なしにインターネットを開くと本体の部分は博物館のものとは
違いこそすれまさに同じ金具を使用した鞄を見つけました。
手に入れられるとのことでさっそく購入し数日前に届きました。
もちろんアンティークのめずらしいものです。
あまりに嬉しいので皆様にもお見せしたいと思います。
持ち手の真ん中に鍵穴があります。
アット驚く開き方をする鞄なんです。



 


2021年5月27日木曜日

なんて自由

 イギリスのアンティーク鞄の持ち手と持ち手の座です。
持ち手を長めに作って取り付け金具を少し離し気味に付けるようになると
鞄を持ち上げた時の引っ張る力は金枠の真上にではなく持ち手の中心に向かって
ななめに掛かっていきます。
この鞄の場合はそういう持ち手が取り付けやすいように金具が
面白い形で作られています。
回転軸にはこじる力が掛かるので合理的かどうかはわかりませんが
なんとも気持ちがわかる作りなのです。
ちょっと愛おしさ感じるアンティークです。



2021年5月18日火曜日

新緑の季節

緑が美しい季節です。
人間界はコロナ渦でたいへんですが、自然のいとなみや動物たちのようすはなにも変わってないようにおもいます。
あまり外に出ない鞄屋のくらしも、世間とはすこしかけ離れているかもしれません。
写真は現在の展示用鞄 きれいなグリーンのPNBX型のショルダーバッグ、椿の若葉と咲きはじめのどくだみの花。









2021年5月9日日曜日

紳士のための小さな口枠鞄

鞄のプロポーションはお持ちになる方を想いながら基本的なところは図面の段階で
さらに試作の段階で詳細を決めていきます。
金具はご希望でスターリングシルバーを使用しました。
お客様がもたれる所を想像しただけでドキドキします。
男性が身の回りのものを入れて素敵に移動する時の鞄が流行を追ったトートバッグやブリーフケース、ファスナーのセカンドバッグだけということはないでしょう。
仕立ての良いキリッとした小ぶりの手提げの鞄は口枠物に限らず
いくつか思い浮かびますがどれもお勧めできる鞄です。
和装にも合います。




 

2021年4月30日金曜日

ちからしごと

 少しお見苦しい写真ですが3mm厚、15mm幅の口枠を曲げているところです。
原始的に見えますが曲げたときのアールの戻り、伸び、縮み等を幾度か同じ動作でテストをしてから本番の曲げです。
左右ともぴったり同じになるよう図面に金具を乗せて合いを確認しながら進めます。
今回の作業は比較的容易な枠作りでした。
Fugeeのものの作り方は「なんとかする」、そしてその方法をじぶんたちでできる最大限の範囲で徹底的に探るところから始まります。
ですから自分の手で作れるものは何でも作ります。
作ることが無理な金具は図面を描いて、口で説明して作っていただきます。
革に関しても毎回同じです。
つまり金具も含めてルーティーンで作業をしていくようなつまらないつくりかたはしないことにしています。
そして細部に目が届かなかったり、全体を見ないで細部しか見ていないような鞄にならないよう気をつけなくてはいけません。






2021年4月25日日曜日

よこ顔

お面のようですが鞄の横顔です。
素材によって、作る鞄によってこうしたクセ付けのようなものは
したりしなかったりです。
場合によりますが張りのある革が折り曲げられて自然にできたような形を
表したい時にはクセつけはあまりしません。
これはカバンを閉じた時に両サイドにできる刳り(クリ)の形の確認です。