2022年1月23日日曜日

持ち手のはなし

 FugeeのFL46型の持ち手です。
手前味噌ですがこれほど意志を持って革と相談しながら作る持ち手はあまり見ません。
持つ方に合わせた微妙な太さの違い、重いものを長時間持って疲れない握りの形状、
決して壊れないしっかりしたつくり、苦労のあとを見せないさりげないどうってことなく見える仕上がり。
鞄をつくり始めたばかりの頃、量産の限界はあるもののアンティークの鞄にそういう意思のある持ち手を見て気持ちの高揚をおさえられませんでした。
説明は微妙なのであまり書けませんが一つ言いますと横から見た下端のラインが両端のループの手前でえぐれず先端まですなおにつながる持ち手です。
持ち手を研究されている職人の方には一目でお分かりになると思います。












2022年1月17日月曜日

美の壷 再放送だそうです

鞄を作るたびに新しいことを取り入れたい、おもしろいことを試したい。
最初の構想の段階では特にそう言う想いが頭の中を渦巻いて行ったり来たりします。
しかし実際の制作にかかった時の状況は私達がいいと思うそれなりの形にするのに精一杯な作業を日々進めて行くと言うのがほとんどです。
なんとか私達の鞄に仕立てていく時、作業の必然性や気がつかなかった新しい発見にもたくさん出会います。
工夫をしなければ全く進まない部分にもしょっちゅうぶつかったりで、
「おもしろいことを試す!」なぞと気楽に言うかっこいい状況とはほど遠い作業の連続です。
必死でもがいて一つ鞄が出来て行くというのが実際に近いでしょうか。

何年も前のNHK「美の壷」がまたまた再放送と連絡をいただきました。
かっこいいんでしょうか、わるいんでしょうか。

NHK Eテレ 1/23日(日) 23:00~23:29  1/27日(木) 11:00~11:29


 

2022年1月7日金曜日

本年も宜しくお願い申し上げます。

 数日前からもぞもぞと仕事ははじめておりましたが、本日お正月飾りをしまい、いよいよ本格的に始動という気持ちになっております。
2022年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。